読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愚者の皮〜チガヤ編〜」2巻ネタバレブログ

「愚者の皮〜チガヤ編〜」2巻ネタバレブログです。各話の感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「大奥の秘事作法」結末ネタバレ!【お駒は股裂き!?衝撃の結末とは?】

「大奥の秘事作法」結末ネタバレ!【お駒は股裂き!?衝撃の結末とは?】

まんがグリム童話 大奥の秘事作法

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです!

 

お駒とお振。

 

将軍の寵愛をめぐり、争っていた幼馴染の二人。

 

親友同士だった二人を待っていたのは、衝撃の結末でした。

 

まんがグリム童話〜大奥の秘事作法〜

 

江戸城・大奥で繰り広げられる、女の愛憎劇。

 

果たして、どんな結末を迎えるのでしょうか?

 

この記事では「大奥の秘事作法」の結末について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私はここで読みました

→Handyコミック

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます^^

 

 

*この先結末ネタバレあります!*

*未読の方はご注意ください!*

 

 

「大奥の秘事作法」結末ネタバレ!【お駒は股裂き!?衝撃の結末とは?】

まんがグリム童話 大奥の秘事作法

 

豚のように踊るお駒

 

お駒を出しぬき、将軍の側室におさまったお振。

 

彼女は何かにつけ、「怖いから」「不安だから」と、お駒を呼び出すようになります。

 

春、花見の席。

 

「退屈だ」という将軍に、お振は、

 

「お駒ちゃん!」

 

「子どもの頃よくやった、あの踊りをやって!」

 

と、懇願してきます。 

 

それは子どもの頃、お駒がよくやっていた、豚の踊りでした。

 

「やってみよ」

 

将軍の一言で、皆の前で豚の真似をするお駒。

 

ブーブーブー

 

鼻の穴に指を突っ込み、腰をくねらせて踊るお駒。

 

皆の前で笑い者にされたお駒は、お振への憎しみをたぎらせていきます。

 

「殺してやる!」

 

(いっそ殺してやりたい!)

 

お振への憎悪を募らせたお駒は、

 

ついに、お振を殺すことを決意。

 

彼女への菓子に、南蛮から取り寄せた毒を盛ります。

 

やがてお振は、高熱を発し、床についてしまいます。

 

(死ね!死ね!)

 

しかし病は長引き、数日が立ちます。

 

お振の様子が気になったお駒。

 

お振の部屋に忍び込み、彼女の日記を見つけます。

 

そこには、大奥でお駒に会えた喜びと、

 

将軍の側室を務めることの辛さ、

 

そして、お駒への友情が綴られていました。

 

「私は、なんてことを!」

 

お振の本心を知り、泣きじゃくるお駒。

 

(毒を盛ったと白状すれば!)

 

(解毒剤があるかもしれない!)

 

お振を助けたい一心で、お駒はお振の元に走ります。

 

股裂きの刑

 

「許して!私が菓子に毒を盛ったの!」

 

お振に罪を告白し、許しを乞うお駒。

 

しかしお振は、お駒が盛った毒を口にしてはいませんでした。

 

高熱は、本当の病。

 

あの日記も、お振の罠だったのです。

 

「はあああ・・・」

 

「一緒に死にましょ、お駒ちゃん・・・」

 

そのまま、生き絶えるお振。

 

お駒は捕らえられ、怒り狂った将軍により、公開処刑に処されることになります。

 

それは、「股裂きの刑」

 

無実を叫ぶお駒でしたが、その声が届くはずもなく。

 

お振、19歳。

 

お駒、19歳。

 

二人は共に、短い生涯を終えることになるのです。

 

私はここで読みました

→Handyコミック

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます^^

 

「大奥の秘事作法」結末読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160930220716p:plain

 

こ、この結末は・・・!

 

ショッキングな見出しが多い「まんがグリム童話」シリーズですが、

 

本当に怖かった・・・。

 

キツイ描写が多いです。

 

トーリーもすごかった。

 

女の戦い、本当に怖いです。

 

特に、内気な女は怖い・・・。

 

まさかここまで、周到な罠を仕掛けているとは!

 

実在の人物を元にした短編だそうですが、本当にあったことなのかなぁ。

 

大奥のドロドロ人間関係、本当にショッキングでした。

 

この後に続く短編も、とんでもない結末揃いです。

 

グロい描写が苦手な方は、くれぐれもご注意くださいね。

 

本当に、怖い話でした・・・。

 

私はここで読みました

→Handyコミック

ここからすぐに、無料で試し読みできます^^

 

こんな記事も書いています

 

tigaya2kann.hateblo.jp

 

tigaya2kann.hateblo.jp