読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愚者の皮〜チガヤ編〜」2巻ネタバレブログ

「愚者の皮〜チガヤ編〜」2巻ネタバレブログです。各話の感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「愚者の皮〜チガヤ編〜」10話の結末ネタバレ!【セキの復活!感動的なシーンです!】

「愚者の皮〜チガヤ編〜」10話の結末ネタバレ!【セキの復活!感動的なシーンです!】

 愚者の皮チガヤ編

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

人間の美醜と、愛の真髄を描く衝撃作!

 

「愚者の皮〜チガヤ編〜」

 

前作「愚者の皮」のヒロイン・あよの妹である、チガヤの運命を描いた作品です。

 

盲目の刈萱と、不思議な力でつながるチガヤ。

 

交流を深める二人ですが、チガヤの夫であるセキは、

 

妻への思いが極まって、食事もとらなくなっていました。

 

異常な状態の夫に、チガヤがしたこととは?

 

この記事では、「愚者の皮〜チガヤ編〜」10話「逢いびき」の結末について、ネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

*以下、10話の結末ネタバレしています!*

*未読の方はご注意ください!*

 

 

「愚者の皮〜チガヤ編〜」10話「逢いびき」結末ネタバレ!

 

愚者の皮チガヤ編

 

刈萱とつながることで、希望を取り戻したチガヤ。

 

しかし夫のセキは、チガヤへの思いが極まって、

 

食事もとらなくなっていました。

 

天井にある、猫用の梁にのぼり、

 

一日中うずくまるセキ。

 

異常な状況に、通いの家政婦たちも逃げ出して、

 

家の中は荒れ放題でした。

 

本心では、刈萱への想いが募るチガヤ。

 

しかし、こんな状態のセキを放っておくことはできません。

 

悩むチガヤ。

 

そんな彼女に、刈萱が救いの手を差し伸べます。

 

それは、河川敷にあった塀を使い、炊事の練習をするというものでした。

 

失明してから、台所に立てなくなったチガヤ。

 

しかし彼女には「働きたい」という強い想いがありました。

 

そんなチガヤの心を見抜き、刈萱は彼女に手を差し伸べたのです。

 

数日後。

 

相変わらず、天井の梁にうずくまるセキ。

 

彼の目に、天井の梁に乗り、こちらに向かうチガヤの姿が飛び込んできます。

 

手には、コンソメスープが入った器。

 

「お・・・お前が・・・」

 

「・・・作ったのか?」

 

うなずくチガヤ。

 

チガヤの手から器を受け取り、一気に飲み干すセキ。

 

次の瞬間。

 

二人が乗っていた梁が折れてしまいます!

 

バギギッ

 

真っ逆さまに、落ちるチガヤ。

 

しかし、一足先に飛び降りたセキ、

 

片手で軽々と折れた梁を持ち、チガヤを落下から救います。

 

「千茅よ」

 

「我が誇りはよみがえった」

 

凛とした声で、語るセキ。

 

「お前を手に入れるために」

 

「卑劣な手段は二度と用いぬ」

 

「だがもし、この先お前が」

 

「他の男のものになるようなことがあったら」

 

「お前を殺して俺も死ぬ」

 

「それだけは心得よ」

 

チガヤを床に下ろし、立ち去るセキ。

 

その背中を見送りながら、チガヤは「刈萱」に見立て、結んだ髪を握り締めます。

 

(だいじょうぶ)

 

(・・・そばにいます)

 

刈萱の声に、体を震わすチガヤ。

 

「ありがとう」

 

「刈萱」

 

誇りを取り戻し、「主」としての自身をも取り戻したセキ。

 

しかしチガヤの心は、彼に戻ることはないのです。

 

セキのチガヤへの一途な想いが、とても強く感じられます。

 

片思い感半端ないですが、なんとかセキには幸せになって欲しいんですが・・・

 

この先どうなるの〜!

 

2巻の中で、一番印象に残るエピソードでした。

 

セキの、チガヤへの強すぎる愛。

 

結末を見届けたい方はぜひ、2巻もお手に取ってみてくださいね。

 

  ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「愚者の皮」または「チガヤ」で検索してみてください^^

 

こんな記事も書いています

 

tigaya2kann.hateblo.jp

 

 

tigaya2kann.hateblo.jp